美白コスメってどんなイメージがありますか?お肌の状態に合ったものを

美白コスメってどんなイメージがありますか?お肌の状態に合ったものを

美白というと、色白になったりシミ・そばかすが薄くなる、もしくは消える…というようなイメージがあるかもしれません。

 

でも実は、化粧水などのコスメにおいて「美白」の表現をする際は、「メラニンの生成を抑えて、シミ・ソバカスを防ぐ」もしくは、「日焼けによる、シミ・ソバカスを防ぐ」という表現に限られています。
お肌の色自体が白くなるとか、できてしまったシミ・そばかすが消えるという表記をしてはいけないのですね。

 

そして、勝手に美白化粧水と謳ってもよいわけではありません。

 

「美白」と表記するためには、厚生労働省が認可した美白有効成分が配合されている医薬部外品(薬用)でないといけないのです。

 

日本においては1980年代後半にコウジ酸やアルブチンが美白成分として認可されたのを皮切りに、その後もビタミンC誘導体やトラネキサム酸など様々な美白有効成分が登場しています。
ただ、美白成分といってもそれぞれの原料やどのように効くのかという特徴は実は様々です。

 

例えばコウジ酸はその名前の通り麹(こうじ)から発見された、日本初の美白成分。メラニンの生成に働きかけるチロシナーゼという酵素を抑制して、シミをできにくくしてくれます。
また、アルブチンはアルブチンはコケモモや梨などに含まれている天然成分で、コウジ酸と同様にチロシナーゼを抑制するはたらきがあります。

 

アルブチンはビタミンCと一緒に使うことでより美白効果が高まるため、スキンケアコスメではアルブチンとビタミンCが両方配合されているものが多く売られているんですよ。

 

その他にも、できてしまったメラニンを還元してくれる作用を持つビタミンC誘導体、動物の胎盤から抽出され、メラニン生成を抑えるほかターンオーバーを促進する効能があるプラセンタエキスなど様々なものがあります。
もし使っている美白コスメにいまいち効果を感じない…という場合は、他の美白有効成分の入ったコスメを試してみるのも手ですね。

 

自分のお肌の状態に合ったコスメを選んで使うようにしたいものです。